プロフィール

eskky28

Author:eskky28
男、46才、A型
趣味はドライブ、サッカ-、読書(歴史)
日本のルーツ探究、古事記、日本書紀、神話、神社、ユダヤ人のつながりを御朱印を頂きながら巡っていく日記です。(毎日更新ではないですが)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ-

神社・仏閣ランキングバナー

神社・仏閣ランキングバナー

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

PVアクセスランキング

ブログランキング(ホワイト)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日本の歴史とつながる週末御朱印さんぽ
日本のルーツ探究、古事記、日本書紀、神話、神社、ユダヤ人のつながりを御朱印を頂きながら巡っていく日記
伊弉諾神宮へ参拝
久しぶりに神社に参拝させて頂いたときのことに戻ります。
おのころ島神社の次に参拝させて頂きました。

昨日(9/24)にこの記事を書いていたら、パソコンが画面が消えているのに
電源は入ったまま何も受け付けず諦めてスマホで写真を貼り付けていました。
朝起きてからパソコンをみたら電源が切れていたので、入れると普通につきました。
ブログを確認すると、保存されておらず一切進んでいませんでした。ガクッとなりました。


平成三十年 四月二十九日に参拝させて頂きました。

兵庫県淡路市多賀740に鎮座。
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)は、兵庫県淡路市多賀にある神社。式内社(名神大社)、淡路国一宮。
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
所在地である旧一宮町(現 淡路市)の地名は、当社に由来する。通称「一宮(いっく)さん」「伊弉諾さん」。

伊弉諾神宮は、古事記・日本書紀の冒頭にその創祀を記し、神代の昔に伊弉諾大神 が、御子神の天照皇大御神に統合の権限を委ね、淡路の多賀の地に「幽宮(かくりのみや)」を構えて余生を過された神宅の旧跡と伝えられてゐます。ここで終焉を迎へた伊弉諾大神は、その宮居の敷地に神陵を築いて祭られました。これを創祀の起源とする最古の神社が伊弉諾神宮です。明治以前は、神陵の前方に本殿がありましたが、明治初年の国費により造営で、神陵の墳丘を整地して本殿を真上に移築し、現在の景観に整へました。
平安時代の延喜式の制では、名神大社。三代実録には神格一品。明治の制度では官幣大社に列格し、古くから淡路國の一宮と崇められ、地元では日本第一番の宮であることから「いっくさん」とも呼ばれます。また日之少宮、津名明神、多賀明神、淡路島神、一宮皇大神とも別称されてゐます。
昭和二十九年に、昭和天皇が「神宮号」を宣下されましたので、伊弉諾神宮と改称し、兵庫県下唯一の「神宮」に昇格しました。
(ホームページより抜粋)

境内に無料駐車場はあるのですが満車で、少し離れた(3分くらい)無料駐車場に停めました。
4~50台停めれると思います。


【社号標と第一鳥居】
201809242229171e7.jpeg


【第一鳥居】
20180925182450d43.jpeg


【あの狛犬】
20180924223819b1c.jpeg


【うんの狛犬】
20180924223904bb7.jpeg


【第二鳥居】
201809242236540a3.jpeg


【手水舎】
201809242242255a9.jpeg


【手水舎の亀】
龍でなく亀になっており珍しいですね。
20180924224323a5a.jpeg


【神門】
20180924224513fa7.jpeg


【拝殿】
20180924224655da1.jpeg


【拝殿の扁額】
201809242246032b3.jpeg


【夫婦大楠】
樹齢約九百年。元は二本の「楠」がいつしか根を合わせて一株に成長したもので、御神霊が
宿り給う御神木と信仰されており、淡路の古地誌にも、「連理の楠」と記されています。

20180924224840ed3.jpeg


【太陽の運行図】
伊弉諾神宮を中心に
夏至の日の出は諏訪大社から昇り、日の入りは出雲大社へ沈む直線
春分秋分の日の出は伊勢内宮から昇り、日の入りは海神神社へ沈む直線
冬至の日の出は熊野那智大社から昇り、日の入りは高千穂神社へ沈む直線
太陽の運行の中心地になっていると説明しています。
20180924225010bf7.jpeg


【太陽の運行図 ズーム】
偶然でなく意図的に神社が配置されているのかと大変驚きました。
20180925213537ef8.jpeg


【日時計 北】
太陽の運行図の石碑の隣に日時計がおいてあり、
その方角にある神社名が書いてありました。
東西南北以外に間の北東など斜め方向もありました。
20180925214402df1.jpeg


【日時計 南】
201809252145583a6.jpeg


【日時計 東】
2018092521464419b.jpeg


【日時計 西】
20180925214723c15.jpeg


【御朱印】
201809242302366e5.jpeg


【お土産】
たまねぎの焼酎です。道の駅で購入しました。
大変飲みやすくて、おいしかったのですぐになくなりました。
20180924230417e5f.jpeg


【御祭神】
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと
【創建】
神代(日本書紀・古事記による)
【ご由緒】
『日本書紀』・『古事記』には、国産み・神産みを終えた伊弉諾尊が、
最初に生んだ淡路島多賀の地の幽宮(かくりのみや、終焉の御住居)に鎮まったとあり、
当社の起源とされる。
伊弉諾尊の幽宮と伝わる場所は、他に滋賀県の多賀大社があるが、
これは『古事記』の真福寺本の「故其伊耶那岐大神者坐淡海之多賀也。」
(いざなぎのおおかみは あふみのたがに ましますなり)との記述による。
ただし、多賀大社の祭神は南北朝時代の頃までは伊弉諾尊ではなかったことが
判明しており『古事記』の記述と多賀大社を結びつけることはできない。
『古事記』では「近江」は「近淡海」とするのが常で、同じ『古事記』でも
真福寺本以外の多くの写本が「故其伊耶那岐大神者坐淡路之多賀也。」
になっており、その他の諸々の理由から、学界でも「淡海」でなく「淡路」を
支持する説が有力である(武田祐吉、直木孝二郎等)。
なお、『日本書紀』では一貫して「淡路」と記され、「近江」に該当する名はない。
Wikipediaより抜粋


ご訪問して頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する