プロフィール

eskky28

Author:eskky28
男、46才、A型
趣味はドライブ、サッカ-、読書(歴史)
日本のルーツ探究、古事記、日本書紀、神話、神社、ユダヤ人のつながりを御朱印を頂きながら巡っていく日記です。(毎日更新ではないですが)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ-

神社・仏閣ランキングバナー

神社・仏閣ランキングバナー

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

PVアクセスランキング

ブログランキング(ホワイト)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日本の歴史とつながる週末御朱印さんぽ
日本のルーツ探究、古事記、日本書紀、神話、神社、ユダヤ人のつながりを御朱印を頂きながら巡っていく日記
白川郷へ観光
白川郷へ観光
令和元年 五月二日

白川郷(しらかわごう)は、岐阜県内の庄川流域の呼称である。

大野郡白川村と高山市荘川町(旧荘川村)および高山市清見町(旧清見村)の一部に相当し、
白川村を「下白川郷」、他を「上白川郷」と呼ぶ。今日では白川村のみを指すことが多い。
白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知られる。
独特の景観をなす集落が評価され、1976年重要伝統的建造物群保存地区として選定、
1995年には五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、
ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。白川郷の萩町地区は、
今も実生活の場として使われているところに価値があり、それが他地域の合掌民家集落と違うところである。
「世界遺産白川郷合掌造り保存財団」などがその保存にあたっている。
毎年1月と2月頃の週末には夜間ライトアップが行われる。
尚、2019年からライトアップ見学は完全予約制となった。
Wikipediaより抜粋


千光寺を後にして白川郷に行く前に、今回の旅は私的にメインでもある
『飛騨の口伝』に関連するお話を書かれた方の
研究所(展示や本を販売している福来記念・山本資料館)へ
先に寄りました。

『飛騨の口伝』のホームペ-ジです。
いろいろな説明をされています。
URL?アドレスなど載せて紹介しても良いと書かれていたのを見ましたので、
下記に載せます。クリックしたら見れるようにしたかったのですが、なりませんでした。
http://roots-hida.info/


G.Wだからでしょうが白川郷へ行く道が渋滞していました。
飛騨高山から空いていたら高速で30分のところを、
確か約1時間30分ぐらいかかったような気がします。

そして駐車場も60分待ちとかの情報をSAのトイレで見ていたので、
道の駅に停めて歩いていくことにしました。
タイミングよく駐車でき、徒歩10分~15分で集落そばへ到着したと思います。


【天孫宮の鳥居】
福来記念・山本資料館の目の前に鎮座しています
20190603205719d91.jpeg


【天孫宮の鳥居の扁額】
20190603210337829.jpeg


【天孫宮の拝殿?】
20190603210453363.jpeg


【御祭神の案内貼紙】
20190603210737c36.jpeg


【天孫宮の案内図】
201906032110392b8.jpeg


【お祈りの仕方】
20190603211144634.jpeg


【拝礼作法】
20190603211256dc3.jpeg


【白川郷の集落】
集落に着く手前にある山というか丘からの撮影。一望できる展望スペ-スがありました。
徒歩10分ぐらいだったと思います。
201906032114219ba.jpeg


【世界遺産とかかれた石碑】
20190603211549f24.jpeg


【集落に向かう道にあったマンホ-ル】
2019060321205678d.jpeg


【桜と合掌つくりの家】
20190603212429555.jpeg


【五平餅】
小腹がすいたので。
2019060321264539a.jpeg


【とんてき定食】
御在所SAで晩飯。岐阜城の帰りに御在所SAでみつけてから狙っていました。
もちろん美味しかったです。
20190603213117c1d.jpeg



ご訪問して頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング









コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する