プロフィール

eskky28

Author:eskky28
男、47才、A型
趣味はドライブ、サッカ-、読書(歴史)
日本のルーツ探究、古事記、日本書紀、神話、神社、ユダヤ人のつながりを御朱印を頂きながら巡っていく日記です。(毎日更新ではないですが)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ-

神社・仏閣ランキングバナー

神社・仏閣ランキングバナー

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

PVアクセスランキング

ブログランキング(ホワイト)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日本の歴史とつながる週末御朱印さんぽ
日本のルーツ探究、古事記、日本書紀、神話、神社、ユダヤ人のつながりを御朱印を頂きながら巡っていく日記
中山寺 奥の院へ参拝
令和三年の新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
コロナが収束して、早く日常が戻るように初詣でお願いしてきました。


中山寺へ参拝(令和二年十一月二十二日)
兵庫県宝塚市中山寺 字山ノ内27-4にある寺院です。


奥之院
本堂 - 摂津国八十八箇所71番札所。白鳥石の拝殿でもある。伽藍から北西に2キロメートルほど離れた当初の中山寺本堂があった場所である。
白鳥石 - 大岩の窟(いわや)とも呼ばれる。忍熊皇子を日本最初の厄神明王として祀る。
吾孫子弁財天


中山寺(なかやまでら)は、兵庫県宝塚市にある真言宗中山寺派大本山の寺院。山号は紫雲山。西国三十三所観音霊場第24番札所。本尊は十一面観世音菩薩。本尊は、インドの勝鬘夫人(しょうまんぶにん)の姿を写した三国伝来の尊像と伝えられる。左右の脇侍も十一面観音で本尊と脇侍をあわせて三十三面となり、西国三十三所観音を総摂すると共に法華経(観音経)に説く観音菩薩の三十三権変化身を表象し、真の三十三所巡拝と同じ功徳が得られるという。普段は秘仏となっているが、毎月18日に開扉される。また、安産祈願の寺として有名である。地元では「中山さん」と親しみを込めて呼ばれている。


寺伝では聖徳太子が建立したという日本最初の観音霊場である。創建の経緯は仲哀天皇と先后大中姫の子である麛坂皇子と忍熊皇子の追善供養のため、あるいは蘇我馬子と聖徳太子に敗れた物部守屋の霊を鎮めるために建立されたという。奈良時代には大小多数の堂塔伽藍を備えた大寺院であったと伝わり、「極楽中心仲山寺」と称されていた。


中山という山が背後にあり、山腹にある中山寺奥之院には厄神明王が祀られ、本堂脇にある湧水は大悲水と呼ばれている。中山寺の境内からは18丁[注釈 1]、徒歩50分程度で参拝することができる。


9時に山本駅に集合して山登りをかねて参拝しました。
前回と同じコ-スで山本駅→中山山頂→中山寺駅。4人の予定がコロナ陽性者急増で医療従事者を家族にもつ方が、
反対され3人で出発となりました。

紅葉していてキレイでした。ゆっくり歩いたので中山寺駅に15過ぎに到着になりました。
ロックガ-デンありのコースなので好きなコ-スです。
4、5月頃も花がいっぱい咲いていてキレイ(花のトンネル)だそうなので、その頃も歩いてみたいです。


【大聖不動尊】
20210113184741002.jpeg


【宝塚ロックガ-デン】写真ではわかりにくいですが、急な登りです。
2021011318515340d.jpeg


【落ち葉の絨毯】
202101131856131c6.jpeg


【中山山頂の三角点】
20210113185958965.jpeg


【奥の院の石碑】
20210113190106736.jpeg


【あの狛犬】お寺なのに狛犬が?
20210113190252c2a.jpeg


【うんの狛犬】
20210113190401a25.jpeg


【奥の院】
20210113190538eef.jpeg


【奥の院前の落ち葉】きれい。
20210113190812945.jpeg


【御朱印】
202101131910254cc.jpeg


【岩に天皇陛下の彫刻】宇田天皇の肖像彫。
20210113191838e91.jpeg




ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング



竹田城跡、養父神社、粟鹿神社へ参拝その3
令和二年十一月十五日に竹田城跡、養父神社、粟鹿神社へ参拝

粟鹿神社は兵庫県朝来市山東町粟鹿2152に鎮座しています。
式内社(名神大社)、但馬国一宮または二宮。旧社格は県社。但馬五社の一社ともされる。

但馬国随一の古社であり、2000年以上の歴史があるとも言われる。日下部氏との関係が深い。
粟鹿とは、鹿が粟を三束くわえて山(粟鹿山)から現れ、人々に農耕を教えたことからつけられ、粟鹿神社にその鹿が祀られていると言う。

但馬国一宮は出石神社と当社の二社とされる。但し、いくつかの資料で異なっており、鎌倉時代の但馬国大田文では当社を二宮としているが、室町時代の大日本国一宮記では当社を一宮に挙げ、出石神社が記載されていない。現在は両社ともが但馬国一宮を称し、全国一の宮会に加盟している。


主祭神は以下の3柱。
彦火々出見命
日子坐王
阿米美佐利命 - 大国主の子。天美佐利命とも表記


【鳥居と社号標】
20201231105806d72.jpeg


【鳥居 扁額】
20201231110004bdd.jpeg


【勅使門】
20201231110346b83.jpeg


【勅使門の説明板】
2020123111063706a.jpeg


【隋神門】
20201231110516922.jpeg


【手水舎】
20201231110832626.jpeg


【土俵】
202012311110002ab.jpeg


【あの狛犬】あれ?いつもは向かって右側なのに左側になっている。何か意味があるのかな?
20201231111200ee7.jpeg


【うんの狛犬】
20201231111425e73.jpeg


【拝殿】
20201231111549137.jpeg


【斜め横からの拝殿と本殿】
20201231111727f16.jpeg


【隋神門と紅葉した木】なんかキレイかと思い撮影。
20201231112005b10.jpeg


【御朱印】】社務所は不在の場合は道を挟んだ家へと貼紙がしてあったので、呼鈴を押したのですが
こちらも不在でした。書置きがありましたので、そちらを頂きました。
20201231112348f10.jpeg



駐車場は無料で20~30台停めれそうでした。
こけや木や氣が凄い歴史を感じざるをえません、でした。


コロナウイルスで滅茶苦茶にされましたが、今年一年間ご訪問して頂きありがとうございました。
皆様、良い新年をお迎え下さい。


ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング



竹田城跡、養父神社、粟鹿神社へ参拝その2
令和二年十一月十五日に竹田城跡、養父神社、粟鹿神社へ参拝


養父神社は兵庫県養父市養父市場840に鎮座しています。
但馬国三宮、式内社(名神大社2座、小社3座)で、旧社格は県社。
但馬5社のひとつに数えられる神社で、古くから「養父の明神さん」と呼ばれ、農業の神として地元の人に親しまれてきました。

「養父の明神さん」と呼ばれ、農業の神として知られる。養父市場は古くから但馬牛の牛市の中心地であり、現在でも近隣の大藪で但馬牛のせり市が開かれている。

崇神天皇30年創祀と伝えられ、天平9年(737年)の『但馬国税正帳』にも出石神社、粟鹿神社とともにその名が見える。

現在の祭神は次の5座。

倉稲魂命
大己貴命
少彦名命
谿羽道主命
船帆足尼命

兵庫県下でも有数の紅葉の名所として、11月中旬ごろには多くの観光客やカメラマンでにぎわうそうです。


【社号標】
20201215184403dc3.jpeg


【参道】落ち葉のじゅうたん。少しぬかるんでいました。
202012151918334f0.jpeg



【落ち葉のアップ】苔とお似合いです
20201223174311bcb.jpeg


【手水舎】
20201223174412e19.jpeg


【鳥居】
20201223174534c65.jpeg


【鳥居 変額】
20201223174634eb3.jpeg


【楼門】
202012231748298f9.jpeg


【あの狛犬】
2020122317494587f.jpeg


【うんの狛犬】
20201223175053d58.jpeg


【拝殿と変額】
20201223175153439.jpeg


【拝殿と本殿横の参道】真っ赤できれいでした
20201223175308d4f.jpeg


【御朱印】
2020123110483914f.jpeg


駐車場は無料で20~30台停めれそうでした。
紅葉の時期に参拝はおススメです。

続きは次回にします。
ご訪問して頂きありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング



竹田城跡、養父神社、粟鹿神社へ参拝
令和二年十一月十五日に竹田城跡、養父神社、粟鹿神社へ参拝


兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169番地にあります。

竹田城跡は、標高353.7mの古城山山頂に築かれた山城です。古城山の山全体が虎が伏せているように見えることから、別名「虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)」とも呼ばれています。天守台・本丸を中心に、三方に向けて放射状に曲輪が配置されており、縄張りの規模は東西に約100m、南北に約400m、「完存する石垣遺構」としては全国屈指の規模を誇ります。築城当時は土塁で守られていた城が、最後の城主赤松広秀により、今に残る総石垣造の城に改修されたとされます。平成18年に「日本100名城」に選定されました。


前日登山をしていたので、行くかかなり悩んだのですが、
雲海を見る為の条件が晩秋、気温差10°、晴れとなっていて、行くしかないと朝4時30分に目覚ましをセットしました。
二度寝して5時頃起きました。

朝5時30分頃に出発、高速道路で約90分で到着しました。
途中の高速の丹波らへんで、雲海(凄いキリ)の中をバッチリだなと思いながらゆっくり車で走りました。


「山城の郷」というところの駐車場に停めたかったのですが、7時の時点で満車で別の駐車場を案内されました。
円山川を越えたところで、駐車場は無料でした。
8時頃には雲海がなくなってしまうらしく、登山道で約30~40分と書いてあったので、かなりあせりました。
ここまで来て見れなかったら最悪です。
7時20分頃に裏道登山道の登山口に着きました。
急いで登ったのと、前日の登山とで少しきつかったです。暑くて最後にはTシャツとジ-パンで歩いていました。

雲海になんとか間に合いました。肉眼のようには写真では伝わりにくいですね。


【7時過ぎに駐車してすぐの円山川】
20201205175138d6e.jpeg



【雲海になんとか間に合いました】
20201205175331783.jpeg



【日本のマチュピチュ】
20201205175350001.jpeg




20201205175412a0e.jpeg



【裏道登山口の近くにある閻魔様?】
2020120517542910a.jpeg



【裏道登山口と紅葉】戻ってきました
20201205175446bf7.jpeg




【8時45分頃の円山川】
202012051755213c1.jpeg


続きは次回にします。
ご訪問して頂きありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング



板宿八幡神社(須磨アルプス)へ参拝
令和二年十月二十五日に板宿八幡神社へ参拝
板宿八幡神社(いたやどやはたじんじゃ、いたやどはちまんじんじゃ)は、兵庫県神戸市須磨区板宿町にある神社。

主祭神
誉田別尊(ホンダワケノミコト)

配祀神
菅原道真(スガワラノミチザネ)
大日孁貴命(オオヒルメノミコト)

【御由緒の看板】
202011010906558a6.jpeg




あまりにも天気が良く、急に山歩きをかねて出発することにしました。
いつかはと思い、歩くコースは本で見てはいました。
朝10時30分頃に車で出発、遅くなってはいけないと思い、行きは高速にしました。約60分。
歩くコースのゴールが神社に設定し、板宿駅と神社の間のコインパーキングに駐車しました。
60分200円で800円でした。16時頃駐車場に着いて90分ぐらいかかって地道で帰りました。
近いようで遠かったです。

板宿駅→新長田駅→徒歩で乗換→長田駅→須磨駅→徒歩で乗換→須磨浦公園駅

乗換を2回しました。下調べ不足で1本で行けると思っていたので焦りました。
まず板宿駅で乗車しようとホームに行っても目的の駅が載っていないのです。
駅員さんに聞きました。
須磨駅に到着した時に次だろうと思い立ってドアの上にある、駅の案内をみると載っていなくて
慌てて降りました。
駅員さんに聞いて乗換ました。

下調べって重要ですね。いつも思いますが。


【須磨浦公園駅】山登りスタート地点。電車乗換疲れしました。
20201031192709c93.jpeg


【芭蕉の俳句】
20201031233218072.jpeg


【俳句の看板】
20201101091022717.jpeg


【鉢伏山山頂】低い山ですが登りはキツイです。
202010312341388c7.jpeg


【旗振山山頂】
20201031234710b9f.jpeg


【鉄拐山山頂】
20201101000359af7.jpeg


【高倉山】
20201101000553483.jpeg


【栂尾山山頂】
20201101000828959.jpeg


【淡路島と淡路海峡大橋】天気よくて見晴らし最高です。
20201101091540a51.jpeg


【横尾山山頂】
202011010012359b5.jpeg


【馬の背】
2020110100144924c.jpeg


【馬の背  首元?】背中から登っていきます。楽しいです。
2020110100162104c.jpeg


【名勝 馬の背】
20201101001810980.jpeg


【東山山頂】ハロウィンになっていました。
2020110100204161b.jpeg


【板宿八幡神社  鳥居】
20201101003114bab.jpeg


【手水舎】
202011010034353df.jpeg


【手水舎  龍の吐水口】コロナで止めているところが多いのですが、ボタンで出てきました。
20201101004201a2a.jpeg


【拝殿】
2020110100464493b.jpeg


【拝殿 扁額】
20201101005116332.jpeg


【本殿 あの狛犬】
20201101005328392.jpeg


【本殿 うんの狛犬】
20201101005520d8d.jpeg


【本殿】
20201101005725876.jpeg


【境内からみた鳥居と景色】瀬戸内海。
20201101005848ff9.jpeg


【御朱印】
20201101084656810.jpeg



ご訪問して頂きありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング