プロフィール

eskky28

Author:eskky28
男、47才、A型
趣味はドライブ、サッカ-、読書(歴史)
日本のルーツ探究、古事記、日本書紀、神話、神社、ユダヤ人のつながりを御朱印を頂きながら巡っていく日記です。(毎日更新ではないですが)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ-

神社・仏閣ランキングバナー

神社・仏閣ランキングバナー

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

PVアクセスランキング

ブログランキング(ホワイト)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日本の歴史とつながる週末御朱印さんぽ
日本のルーツ探究、古事記、日本書紀、神話、神社、ユダヤ人のつながりを御朱印を頂きながら巡っていく日記
宇治上神社へ参拝
平成三十一年 一月五日参拝
京都府宇治市宇治山田59に鎮座する神社です。

宇治上神社(うじがみじんじゃ/うじかみじんじゃ)は、京都府宇治市宇治山田にある神社。
式内社で、旧社格は村社。隣接する宇治神社とは対をなしています。
ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の構成資産の1つとして登録されています。

神の使いのうさぎが守り神をこの地に案内したことから、
うさぎの道“菟道(うじ)”と呼ばれるようになったといわれています。

世界最古の神社建築物の本殿を持つ隠れパワースポットです。
平等院のすぐそばにあり、「世界一狭い世界遺産」とも呼ばれています。

正月三が日の混雑を避けて参拝させて頂きました。
宇治上神社→宇治神社→平等院鳳凰堂→石清水八幡宮
の順で参拝させて頂きました。

家から下道で約70分で到着しました。
8時10分→15時30分頃に家に帰りました。

駐車場は、正月休みだったのか開放されていました。
宇治神社そばで宇治上神社まで200mの一日700円の朝霧駐車場に停めました。
宇治上神社のすぐ脇にも10台くらいの駐車場もありました。
無料っぽかったです。

【鳥居と社号碑】
2019011618312797a.jpeg


【神門】
20190116183643a96.jpeg


【手水舎】
宇治には7ヶ所の湧き水「宇治七名水」がありましたが、そのうちの6ヶ所は失われてしまい、
現在唯一残っているのは宇治上神社の境内の片隅に湧く「桐原水」(きりはらすい)のみです。
参拝者が心身を清める手水舎として使用されており、飲むことはできません。
20190116183917c91.jpeg


【ご神木】
201901161845306aa.jpeg


【拝殿】
拝殿は鎌倉時代前期の造営。国宝に指定されている。
201901161848087d8.jpeg


【拝殿脇の清めの砂】
20190117222707388.jpeg


【拝殿の中】
201901172231435cd.jpeg


【本殿】
本殿は平安時代後期の造営で、神社建築としては現存最古とされる。国宝に指定されている。
20190117222904f30.jpeg


【御朱印】
2019011821255254c.jpeg


【季節限定の御朱印】
20190118212812c73.jpeg



【主祭神】
左殿:菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)
『日本書紀』では「菟道稚郎子」、『古事記』では「宇遅之和紀郎子」と表記される。
応神天皇皇子。天皇に寵愛され皇太子に立てられたものの、
兄の大鷦鷯尊(のちの仁徳天皇)に皇位を譲るべく自殺したという美談で知られる。
中殿:応神天皇
第15代天皇。菟道稚郎子命の父。
右殿:仁徳天皇
第16代天皇。菟道稚郎子命の異母兄。

【創建】
不詳

【社格等】
式内社(小)
旧村社

【本殿の様式】
五間社流造(内殿に一間社流造3棟)

【ご由緒】
創建年代などの起源は明らかではない。宇治上神社のすぐ近くには宇治神社があるが(位置)、
宇治上神社とは二社一体の存在であった。
宇治上神社の境内は『山城国風土記』に見える菟道稚郎子の離宮「桐原日桁宮」の旧跡であると伝え、
両社旧称の「離宮明神」もそれに因むといわれる。

宇治上神社の境内外には「天降石」や「岩神さん」と呼ばれる巨石があり、磐境信仰による創祀という説もある。

延長5年(927年)成立の『延喜式』神名帳では山城国宇治郡に「宇治神社二座 鍬靫」の記載があるが、
その2座はそれぞれ宇治神社・宇治上神社に比定される。
なお、宇治上神社の本殿は本来左右2棟であるとして、
「宇治神社二座」は宇治上神社のみを指すという説もある(3棟の建築年代については後述)。
神名帳の「鍬靫」の記載は、祈年祭の際に朝廷から鍬・靫の奉献があったことを意味する。
近くに平等院ができると、両社はその鎮守社とされたという。

明治以前は宇治上神社は「上社」・「本宮」、宇治神社は「下社」・「若宮」と呼ばれたほか、
両社を合わせて「宇治離宮明神(八幡宮)」と総称された。

明治に入って宇治上神社とは分離し、近代社格制度では村社に列した。

2004年2月の奈良文化財研究所や宇治市などによる年輪年代測定調査では、
本殿は1060年頃のものとされて「現存最古の神社建築」であることが裏付けられた。
また、1052年創建の平等院との深い関連性が指摘されている。

Wikipediaより抜粋


ご訪問して頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング




晴明神社へ参拝
本日は朝9時から16時までサッカ-をしてきました。
日焼けと一日中だったので大変疲れました。

ボルダリングに行きだしてから現在5級の課題をクリア(あと4つ)するのを目指しています。
しかし、ボルダリングジム1周年ということで、
10/20までで課題を全てはずして入れ替えるそうなのです。
それで9月から週2で頑張ってましたが、残り4つがクリア出来ません。
難しいです。
あと少ししかないですが、最後の10/20(土)しか行けません。
奇跡を信じて最後まで頑張ってみます。


平成三十年 一月三日参拝
今回は伏見稲荷大社→御金神社→晴明神社の順に参拝させて頂きました。
京都府京都市上京区晴明町806番地1に鎮座する神社です。

晴明神社(せいめいじんじゃ)は、京都市上京区にある神社である。安倍晴明を祀る。一条戻橋のたもと(北西)にあった晴明の屋敷跡に鎮座する。全国各地に同名の神社が存在する。旧社格は村社。

地図上だとバスに乗るほどでもないと考えていたのですが、ヒザが痛む中徒歩で向かいました。
二条城から確か直線、一本道でした。帰りはバスに乗るぞと決めて頑張って歩きました。
何故、数ある神社から晴明神社なのかというと、なんとなく陰陽師といえばとか、
なんとなく五芒星に惹かれてです。神秘的に感じます。
ブログも考えていなかったので写真も少ないです。

【第一の鳥居】
201810142027598ed.jpeg


【第二の鳥居と狛犬】
20181014203110763.jpeg


【第二の鳥居】
20181014203526237.jpeg


【拝殿の行列】
201810142037395de.jpeg


【晴明井】
晴明公が念力により湧出させた井戸が、この晴明井です。
病気平癒のご利益があるとされ、湧き出す水は現在でも飲んでいただけます。
水の湧き出るところは、その歳の恵方を向いており、吉祥の水が得られます。
恵方は毎年変わりますので、立春の日にその向きを変えます。ホ-ムペ-ジより抜粋
201810142041151b3.jpeg


【御祭神】
安倍晴明御霊神
【創建】
1007年
【ご由緒】
1005年に晴明が亡くなると、その時の天皇一条天皇は晴明の遺業を賛え、
晴明は稲荷神の生まれ変わりであるとして、1007年、その屋敷跡に晴明を祀る神社を創建した。
当時の境内は、東は堀川通り、西は黒門通り、北は元誓願寺通り、南は中立売通りまであり、
かなり広大であった。
しかし度重なる戦火や豊臣秀吉の都市整備などにより次第に縮小し、社殿も荒れたままの状態となった。
幕末以降、氏子らが中心となって社殿・境内の整備が行われ、
1950年には堀川通に面するように境内地が拡張された。
平成になると、漫画化・映画化もされた夢枕獏の小説のヒットにより、
主人公である 安倍晴明のブームが起こり、全国から参拝者が訪れるようになった。
晴明歿後千年となる2005年には安倍晴明千年祭が行われた。
2017年に二の鳥居の社号額が新調され、
1854年(安政元年)に土御門晴雄により奉納されたものを忠実に再現したものとなった。
Wikipediaより抜粋


ご訪問して頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング





御金神社(京都)
平成三十年 一月三日参拝
今回は伏見稲荷大社の後に御金神社に参拝させて頂きました。
京都府京都市中京区西洞院通御池上る押西洞院町618番地に鎮座する神社です。

世界文化遺産・二条城の近くの閑静な住宅街の中に黄金の鳥居があります。
「御金」と書いて「みかね」と読みます。

伏見稲荷大社からの参拝帰りの下りで、ヒザを痛めてしまったので
びっこ引きながら歩きました。特に辛かったのが駅の下りの階段でした。
スマホのナビをみながら、二条駅で降りました。

近くまでくると行列ができていました。お正月だからなのか参拝できるまで
90分ぐらい並んだと思います。(記憶はかなり薄いので不確かですが)

社殿の奥にあるイチョウの木は、京都市内でも有数の巨木。
御金神社の神木とされていることから、イチョウの形をした絵馬が奉納され始めたそうです。
参拝に並んでいると前か後ろの人達が話しているのが聞こえたのですが、
冬にイチョウの葉がすべて散ると、木のてっぺんに2匹の龍の形をした枝が見えるそうです。
夫婦龍だそうです。
私は見るのを忘れていました。

【黄金の鳥居】
20181007135227c87.jpeg


【福財布】
この福財布の中に宝くじやお金を入れておくと、宝くじがよく当たる、お金が増えると何かで読みました。
御利益は1年間ということです。御金神社のイチョウの葉っぱも入れておくそうで頂いてきました。
2018100713573335e.jpeg

6月にtotoというサッカ-くじを購入して福財布に入れておきました。
スポ-ツ振興くじで、確か集まったお金はスポ-ツ振興に使われるはずです。
本日、福財布の写真を撮るので中身を取り出してけ結果発表を確認しました。
数字が小さくて確認するのが、すごく見ずらく気持ち悪くなりました。
最後の1枚が、大体数字が一緒やなあと思いながら、3回くらい確認しても2つ違いでした。
これはもしかしてと思いました。そしてなんと『3等』が当たっていました。
とはいうものの、miniBIGというもので、当選金『3,980円』でした。確か元手が1,000円くらいだったと思います。
額は小さいですが、宝くじは普段あまり購入しないので(年に1度購入するかしないかです)
びっくりです。お礼詣りを兼ねて黄金の御朱印を頂きに行きます。もちろん福財布も。


【御朱印】
ネットで拝見した黄金の御朱印を頂きたかったのですが、一月以外に頂けるそうです。
201810071402067a1.jpeg


20181007140330898.jpeg


【御祭神】
【主祀神】金山毘古神 = 金山彦命(かなやまひこのみこと)
      本来は金神、天地金乃神
【配祀神】天照大神(あまてらすのおおみかみ)
      本来は丑寅(東北)の方角の日乃大御神
      月読神(つきよみのかみ)
      本来は未申(西南)の方角の月乃大神

『古事記』では金山毘古神、『日本書紀』では金山彦神と表記する。
金山毘売神(かなやまびめのかみ、金山姫神)と対になるともされる。
神産みにおいて、イザナミが火の神カグツチを産んで火傷をし病み苦しんでいるときに、
その嘔吐物(たぐり)から化生した神である。
『古事記』では金山毘古神・金山毘売神の二神、
『日本書紀』の第三の一書では金山彦神のみが化生している。
岐阜県垂井町の南宮大社(金山彦神のみ)、南宮御旅神社(金山姫神のみ)、
島根県安来市の金屋子神社、宮城県石巻市金華山の黄金山神社、
京都府京都市の御金神社及び幡枝八幡宮末社の針神社を始め、全国の金山神社で祀られている

【創建】
明治十六年(1883)
【ご由緒】
現在は、金色の鳥居など黄金色に飾られた神社で、お金に纏わる神社として、
資産運用や証券取引等の成功を願ったり、競馬競輪などでの勝利や、
宝くじ等の当選を願う絵馬が大量に奉納されている。
本来は建築金型と建築設計、造船など、建築に関わる金型を奉納する。
御金の「金」は金属の意味。
しかし、この神社の創建者田中庄吉は、現在の金光教の布教者である初代白神新一郎によって
金光教に入信し、京都で布教を行い、500人を越える信者が従った高徳な布教者だった。
御金神社はその組織を公認のものとするために
金乃神の金にちなんだ美濃の南宮大社の祭神である金山彦命を祀る神社として、
1883年10月6日に京都府知事の認可を得て創建された。
1888年には神道教会所属御金教会所を設立するが、
金光教が独立する段階で行われた講社結集運動には加わることはなかった。
現在は、金光教との関わりもなくなり、「金乃神」=いわゆる「金神」の宮としての活動もない。
ただ、金光教本部にあった金乃神社同様に「金山毘古神」に加えて、日天四・月天四に相当する、
「天照大神」と「月読神」も祭神であるところや、「金神」に関わる、建築、転宅、方位、
厄除け等の神としての働きに名残が見られる。
Wikipediaより抜粋


ご訪問して頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング





伏見稲荷大社へ参拝
本日9/30は台風24号(前回と同等クラス)が、大阪にも夕方から夜に
上陸するということで停電に備えています。
前回とはコ-スが違うので空振りになるかもしれませんが、
電源ポ-タブルを購入していたので出し、ランタン(単一電池購入済み)も出しています。

電源ポ-タブルとは片手でもてる電源です。13,000円ぐらいです。
100Vコンセント2口、USBが3口ありスマホの充電もできます。
トイレもコンセントを差し込めば流せます。
あると万一に役に立つと思いますよ。

風呂も夕方には入ろうということになりました。
準備も無駄に終わればよいのですが・・・。


今となっては少しではないですが、さかのぼって今年の1月からの
参拝記録になります。

平成三十年 一月三日参拝
今回は伏見稲荷大社へ参拝させて頂きました。
京都府京都市伏見区深草藪之内町68に鎮座する神社です。

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は、京都府京都市伏見区深草にある神社。
旧称は稲荷神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。
稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。
全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社である。

初詣では近畿地方の社寺で最多の参拝者を集める(日本国内第4位〔2010年〕)。
Wikipediaより

今回は正月で京都ということで、大混雑するということで
4~5駅手前の駅近くのコインパ-キングに停めて、電車で行きました。

駐車場はホームペ-ジによるとあるそうですが、
広さや無料かどうかはわかりませんでした。

この日は伏見稲荷大社→晴明神社→御金神社にお詣りする予定にしていました。
拝殿で参拝させて頂いた後に千本鳥居、奥社など参拝して
どんどん山を登っていきました。軽いハイキングのようでした。

お正月ということもあり混雑すると思い、朝8時30分頃には参拝させて頂きました。
外国人もたくさんいてました。稲荷山から降りてきた10時30分頃の拝殿前は
かなり混雑していました。

うる覚えですが1時間30分ぐらい登ったところの
四ツ辻で諦めて降りていきました。山頂まで登って四ツ辻まで戻ってくるのに
まだ40分かかるとのことでした。

下りの階段で左ヒザが痛み出しびっこ引きながら降りました。
その日一日中びっこ引きながら参拝いたしました。

【鳥居】
ホ-ムペ-ジを見ると横に社号碑がありました。
この時は何も考えていませんで忘れていました。
20180930175623ab7.jpeg


【楼門】
この建物は天正17年(1589年)豊臣秀吉の造営とされてきました。
秀吉の母大政所殿の病悩平癒祈願が成就すれば一万石奉加する、と記したいわゆる“命乞いの願文”が伝来しています。
しかし造営伝承と伝来文書との整合性については多少の疑問がありました。ところが昭和48年に楼門の解体修理が行われたところ、願文の年次と同じ「天正17年」の墨書が発見され、伝承の正しかったことが確認されました。神社の楼門の規模としては最も大きいものに属します。
伏見稲荷大社ホ-ムペ-ジより
201809301758321c7.jpeg


【千本鳥居と扁額】
20180930180058023.jpeg


【境内案内図】
20180930180331265.jpeg


【伏見神宝神社】
20180930180513196.jpeg


【伏見神宝神社の狛犬でなく狛辰】
見にくいですが狛犬が狛辰です。神様にごひいきされる すごい「神社参り」という本に
載っていたのですが、「生まれた日の干支」という守護動物を調べてそれが私は辰でした。
狛辰は眞名井神社と伏見稲荷大社の奥社のさらに奥にある神宝神社にいてます。
見つけにくいです。
辰が守護動物の方は、狛辰を探すのと同時に、龍神様にご縁を結ばれると
ほかの人よりも開運が早いとのことです。
20180930180848c00.jpeg


【伏見神宝神社の御朱印】
201809301810417b4.jpeg


【伏見稲荷大社の御朱印】
201809301812440b9.jpeg


【御祭神】
祭神は以下の五柱。これらの神々は稲荷大神の広大な神徳の神名化とされている。
主祭神である宇迦之御魂大神を中央の下社、佐田彦大神を中社、
大宮能売大神を上社に据え、明応8年(1499年)に本殿に合祀された左右の摂社、
田中大神・四大神とともに、五柱の神を一宇相殿(一つの社殿に合祀する形)に祀っている。

宇迦之御魂大神 (うかのみたまのおおかみ) - 下社(中央座)
佐田彦大神 (さたひこのおおかみ)- 中社(北座)
大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ) - 上社(南座)
田中大神(たなかのおおかみ) - 下社摂社(最北座)
四大神 (しのおおかみ) - 中社摂社(最南座)
【創建】
和銅年間(708年-715年)
【ご由緒】
山城国における秦氏族の本拠地は右京の太秦であるとされています。
たしかなことは不明ですが、深草の秦氏族は系譜の上で見る限り、
太秦の秦氏族、すなわち松尾大社を祀った秦都理《はたのとり》の弟が、
稲荷社を祀った秦伊呂巨(具)となっており、いわば分家と考えられていたようです。
この太秦の秦氏族は、7世紀頃、今の桂川の大堰を築堤したり、奈良期から平安期にかけて、
当時外戚として勢力を伸ばしてきていた藤原氏と姻戚関係を結び、
長岡遷都やこれに引き続いて行われた平安遷都の際にも、
河川の改修や都城の造営等で大いに影響を与えたとされています。
また一方において、山背国における古くからの由緒正しい豪族である
賀茂県主族とも早くから姻戚関係を結んでおり、ついには賀茂県主の子孫を自称するようになるのです。
言うまでもなく賀茂県主族は天下の名社・賀茂社を奉祀していた名族で、
新参の渡来氏族が彼と結びつくことによってその名をとり、一方賀茂氏族の側にあっては、
そうなることによっておそらくは当時としては近代的な文化及び経済などの
実をとったのであろうと考えられています。
こうして太秦の秦氏族は、記録の上では大宝元年(701)桂川畔にそびえる松尾山に松尾神を奉鎮、
深草の秦氏族は、和銅4年(711)稲荷山三ケ峰の平らな処に稲荷神を奉鎮し、山城盆地を中心にして、
御神威赫々たる大神があたかも鼎立する結果となったのです。
ホ-ムペ-ジより抜粋


ご訪問して頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング

神社・お寺巡りランキング





天の岩戸神社を参拝(京都)
平成三十年 四月一日参拝

今回は元伊勢三社の三社目になる天の岩戸神社を参拝させて頂きました。
元伊勢内宮 皇大神社の奥宮とされています。

元伊勢内宮 皇大神社の脇道から歩いて5~10分下っていったら
天の岩戸神社があります。
社務所はまだ15時過ぎでしたがしまっていました。

拝殿は崖の上にあり、鎖を持ちながら登ります。
どんくさくなってきているので、少し怖かったです。特に下りがです。

皇大神社を訪れた際にぜひ見てほしいのが皇大神社の神体山です。
岩戸山は城山や日室ヶ嶽とも呼ばれ、
標高427mの美しい三角形が特徴的な御神体山です。
岩戸山は神が降臨したとして、古くから禁足地とされています。
その均整のとれた形から「日本一美しいピラミッド」と呼ばれてるそうです。

霊峰独特の畏れ多さを感じることができる存在感があります。
私も「これはピラミッドだな」と、本気で思いました。

「元伊勢内宮・皇大神社」から次の天岩戸神社へ歩いて行く途中にある、
日室ヶ嶽の遥拝所で御神体山の岩戸山(日室ヶ嶽)を参拝します。
ここは願いが一つ叶うという、一願成就の遥拝所でもあります。


夏至の日には遙拝所から岩戸山山頂に太陽が沈む
神秘的な光景が見られるそうです。
一方、冬至の日には伊勢神宮の内宮外宮と皇大神社、
岩戸山が一直線に日の出のラインがつながるそうです。
冬至の日に元伊勢の皇大神社と伊勢神宮の皇大神宮が
繋がっているということですね。

なんか色々と深いですね。

伊勢にある天の岩戸も参拝したことがあるのですが、
ここにある天の岩戸のほうがスケ-ルが大きく
もしかして神話の場所?かもしれないと思いました。

【日室ヶ嶽の遥拝所】
20180425233319737.jpeg


【天の岩戸神社 鳥居】
20180425233609370.jpeg


【岩戸山の看板】
20180425234010fb8.jpeg


【天の岩戸神社 拝殿】
20180425234247575.jpeg


【天の岩戸神社 拝殿ズーム】
20180425234518238.jpeg


【天の岩戸神社 拝殿そばの岩戸?】
20180425235134cd1.jpeg

【御祭神】
櫛御毛奴命
または、櫛岩窓戸命・豊岩窓戸命の2神とも言われているそうです。
【創建】
不詳
【岩戸神社の記】
偉大な祖神である天照大御神は速須佐之男命の 乱暴な行いに堪え忍んでおられたが
とうとう我慢しきれずに天の岩戸に閉じ籠りになられた。
それでこの世の中は真暗くなってしまい悪い事ばかりが連続して起こり
拾収がつかな くなってしまったので 八百万神々は天安河 原に集まられ相談された。
そこで天の岩戸の前で長鳴鳥を鳴かせ 真榊の木に勾玉を飾り御神鏡をかかげ
 御幣 を持ち神饌物を捧げて 賑やかに歌い踊り音楽し祝詞を申し上げた。
この時尊い天照大御神は外の様子を不思 議に思われ天の岩戸を細めに開いて見られ たので 
御神鏡をさし出し申した。
畏い天照 大御神はますます変だと思われすこし天の岩 戸から出られたところを
お引出し申したので 世の中は明るくなり救われたのである。
さてこの由緒ある御神鏡が神宝と信じられ救世平和神とされている

引用元:境内説明版

ご訪問頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
↓↓良ければ応援クリックを宜しくお願い致します。
励みにします。
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

御朱印ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング